2008年11月30日
 ■  「じっとしちょ連」とは?

「じっとしてはいられない」と言う時、宮崎県の方言では
 「じっとしちょれん」と言います。

「ふるさと宮崎を応援したい! じっとしちょれん!」と、在京の宮崎県北出身者が集り、作ったグループがじっとしちょ連です。

メンバーは宮崎県北出身者、縁あって宮崎を愛するようになった人、偶然引っ張りこまれた人、年齢も職業もさまざまですが、宮崎を愛する気持ちはみんな同じ

愛する宮崎を、もっと多くの人に知ってもらいたい、という思いから、このホームページを開設しました。宮崎県の自然特産品われわれの活動などを紹介いたします。

いろいろな情報を出すだけでなく、宮崎県人の気持ち、ゆったりのんびり、てげてげ(注)なマインドを知ってもらいたく、メンバーのブログも併設してあります。

新たな情報などがありましたら、メールフォームでお知らせいただければ幸いです。

また、現地の情報を送ってくれる現地特派員、東京での活動を手伝ってくださる新メンバーも募集しています。皆様よろしくお願いします。

注:てげてげ とは
大概、おおよそ、大体、という意味。
宮崎県人が「てげてげでいいが~」と言うときは、「がんばり過ぎないで、もっとのんびりやりましょう」という意味です。
てげてげマインドで、のんびり行きましょう!

2008年11月29日
 ■  赤星の徒然日記

赤星たみこの徒然日記を更新しました。
宮崎県日之影町から送られてきた食材(なば、ズッキーニ、プチトマト)の話です。
「なば」とは何か?
知りたい方はぜひ徒然日記を見てくださいね!

 ■  はなそや掲示板について

今までの「はなそや!ミヤザキ」が新しく「はなそや!掲示板」としてリニューアル!
左のメニューバーの「はなそや!」から飛べますので、気軽に書き込みしてくださいね!(仕様変更に伴い、別窓での立ち上がりとなります。)

 ■  メンバーブログ

新 うた詠み掲示板

言の葉

勝手気ままに詠んでます

Sol La

赤星たみこの徒然日記♪

ねーちゃんのひとり言

頑張り屋

「稲バウアーのてげてげ情報局」(再構築中)

 ■  うたよみ

うたよみ掲示板の引越しを計画中です。
詳細は掲示板でお知らせします。

 ■  サイト再構築中

現在サイトを再構築中です!
お見苦しい点があるかもしれませんが、よろしくお願いします

 ■  はなそや掲示板

はなそや!掲示板
2008年11月20日
 ■  延岡|東海さるく

11月23・24日(日曜・休日)10;00~16;00

 リバーバル五ヶ瀬川・東海周辺

 『見所一杯の東海周辺を自転車で見て回りませんか!』

 延岡市の北東部に広がる東海地区(とうみちくと呼ぶ)は、かつては舟運基地として栄えた地域。

そんな町をぶらぶらして、地域の魅力を再発見しませんか?

今回は範囲が広くなったので、自転車での参加をおすすめします。
 (レンタル自転車(無料)もあります)

日頃の運動不足を解消いたしましょう。

2008年11月 1日
 ■  2008年霜月の一句

吉野町.jpg


枯菊といふ一点の野の光

時雨や霜に傷つきやぶれ、やがては枯れてゆく菊は、その盛りが華やかであっただけに一層哀れ深いが、その中でもまだ花を保っている菊もある。
その姿も又哀れなのだが、それでも最後まで咲き誇らんと野に光を放っている。


画像:延岡市吉野町
バインダーと呼ばれる歩行用の稲刈り機で刈った稲は、「干すベー」と命名されたスチール製の掛け干し竿に、稲束を4:6の割合で内外に分けて掛け、1週間ほど天日で乾燥させる。
以前は樫の木や竹で掛け干し用の馬を作っていたが、今はあまり見かけなくなった。
束の基は雨に濡れると乾きにくいので、ビニールをかぶせておく。
この田は迫田で、稲に欠かせない水も天からのもらい水。いわゆる天水田だ。農地を有効活用しようという圃場整備の網がかからなかった地区だが、大学誘致と高速道路開発の波にさらされ、ただ1枚残った田である。
手間ひまかけて作った米のおいしさは格別で、「ここの米はおいしい」の声が、農作業に従事する者の疲れを癒してくれる。
(撮影・解説 牛飼い様)