40代以上のビジネスマンがダイエットにパーソナルトレーナーをつけるメリットとは?(3)

40代以上のビジネスマンがダイエットにパーソナルトレーナーをつけるメリットとは?(3)

年齢や運動経験など考慮したオリジナルのダイエットトレーニングをプログラミング

ダイエットのためのパーソンナルトレーニングを行なう場合、まずは本人との面談により、ダイエットの目標や方向性、生活環境や食事の状況、年齢や運動経験、病気や怪我の有無と経験、差支えなければお仕事の様子などをヒアリングします。

続いて実際に体組成数値の計測です。身長・体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・骨量・内臓脂肪レベル・水分率などを記録。さらに、本人の立っているときや座っているときの姿勢、各関節を動かしているときの姿勢や関節可動域、筋肉のつき方や強さ、動作時のクセなど身体的な特徴をチェックします。

以上のカウンセリング内容と体の数値・評価をもとに、個別のオリジナルダイエット計画をプログラミングするのです。

人によって、とにかく食事内容を改善することが最優先だったり、有酸素運動を多めに実施する場合もあれば、体の特徴を考慮した体操と筋力トレーニングをメインにプラグラムしたりと、ほんとうに千差万別、決まった形は一つもありません。中には生活環境から見直すことが必要なときもあります。

ただ、どのような状況においても「運動」は必ずプログラムに組み込みます。
もし運動ができないような怪我や身体的な原因が何かあるのであれば、まずは病院での処置をおすすめすることになるかもしれません。

体を動かすことはダイエットにとって非常に有効なのはもちろんですが、筋力のおとろえによる「動作の老化」を防ぐ手立ての一つとしても役立ちます。

運動の種類としては、体幹トレーニングや筋力トレーニング・ストレッチ、ランニングやウォーキング・その他の有酸素運動やスポーツ種目など、その人に合ったさまざまな運動を組み合わせながら、週間・月間の行動計画を立てます。

計画を進めながら、進捗状況と体組成数値の分析・本人との定期的な面談でコミュニケーションをとりながら、食事内容や運動内容を随時見直していきます。このようなパーソナルトレーニングを行なうことで、安全で確実なダイエット・健康づくりが可能となるのです。