ダイエットの目標

ダイエットの目標

ダイエットの目標

ダイエットの目的は、ダイエットが成功することで自分がなれる姿・受けることのできる恩恵などを具体的に想像してそれを目指していくビジョンでありゴールとなります。ただ、目的とするビジョン・ゴールだけがあっても、途中の経過がわかる目印のようなものがなければ、目的を見失ってしまうことがあるかもしれません。

目標は段階を設けて、数字で追っていくことをおすすめします。見た目や食べているものをなんとなく確認するだけだと、どうしても現状の把握と分析・フィードバックがうまくいかないことが多いです。

ノートなどに、「○○か月後までに、体重○kg・体脂肪率○%、ウエストサイズ○cm、体年齢○歳に到達する!」などを書いておくと、例えば次の日の朝食からメニューや量を計画することが可能です。

ゴールを1年後に設定するのであれば、まずは月間の数値目標を設定して食事内容やトレーニング計画を考えます。次に1週ごとの3食の食事メニュー・実際のトレーニングプログラムを作ります。

数字はカロリー計算をするとわかりやすいですが、栄養が偏らないように献立を検討しなければいけません。



体重の目標設定

体重の目標は「BMI(ボディマスインデックス)」という参考数値で設定していくことをおすすめします。

これは体重÷身長÷身長という計算式で計算されます。例えば女性なら、BMI22~23くらいが綺麗に見える数値だといわれています。ただ、筋肉がよく発達している方は体重自体が重くなる(筋肉は重い)ので、BMIが23~24くらいになってもほっそりスレンダーな場合もあります。

男性のBMI数値の目安は、標準でBMI22~25くらいだと考えられています。ただ、男性の場合は筋肉量がかなり高い方もいると思いますので、一概にこの数値が標準だとはいいにくい場合もあります。

自分の体質(脂肪が多いのか筋肉が発達しているのか)をよく考え、専門家に相談してからBMIの評価・目標設定をしたほうがいいでしょう。



体脂肪率と内臓脂肪レベル・ウエストサイズの関係性

ダイエットにおいては一般的に体重の重さだけがクローズアップされがちですが、体重よりも体脂肪率・内臓脂肪レベル・ウエストサイズのほうに注目したほうがダイエットの効果が上がる確率が高いといえます。

体脂肪率は、お腹周りやお尻・太ももや二の腕など目に見えるところについている脂肪の割合を表しています。内臓脂肪レベルは体内、目に見えないところについている脂肪のレベルです。一般的に女性は体脂肪が、男性は内臓脂肪がつきやすい傾向にあるといわれています。

女性で体脂肪率が高い方はお腹周りに脂肪が蓄積していることが多く、また、男性で内臓脂肪レベルが高い方はお腹の内側にある内臓周辺に脂肪が蓄積していることが多いので、女性も男性もウエストサイズをダウンさせることにフォーカスすることは、ダイエットにとってとても重要な要素になるでしょう。