おもしろい

鬼嫁よ、1週間の時差くらい、よくないか…??

散髪は2ヶ月に1回ルール。 学生時代は、1ヶ月に1回、髪を切るのが普通だった。 結婚してからは2ヶ月に1回、がいつの間にか暗黙のルール、 そう、“コードレッド”になっている。(byクルーズトムのA Few Good Men参照) 今年は1月に髪を切った時期を皮切りに その後、きっちり奇数月がその月に設定されている。 直近で切ったのは9月だ。 先週、11月にも入ったので、 即頭部が特に伸び盛りだった […]

鬼嫁よ。お前は警察犬か。

BOTANIST。お前はシャネルの8番なのか。 我が家の浴室には、 おれが使う用のシャンプーと鬼嫁用のシャンプーが存在する。 別々だ。 おれのは、やっすいの。 鬼嫁のは『BOTANIST』というボタニカルシャンプー。千円超えるものらしい。 おれのは下手すれば100円切るみたいな、ドンキで売ってそうなの。 昨夜、ほんの興味本位で、 鬼嫁の『BOTANIST』を使ってみた。 ほー、指通りが。 ほー、え […]

鬼嫁はどこにでもいるんだ

それ、あるある。 飲み会の後、酔っぱらって帰宅しようとしたけど、 結構、酔っぱらっているから、このまま家に入ると 鬼嫁に怒られる。 ならば、酔いをさますために、 家に着く前に、駐車場に停めてある自家用車で少し寝て、 ほんの少しでも寝て、 酔いがさめてから家に帰ろう。 と思ってたら、 コツコツとものを叩く音で目覚めた。 朝陽がさす。ここはどこ?音はなんの音?? 目を開けたら、車の運転席をリクライニン […]

鬼嫁に応戦、スーパープレー集「倍返しだ」

目的を持つ。って大事。 鬼嫁の最近の注目ドラマ、TBS日曜劇場の『グランメゾン東京』。 キムタク、トシをとっても、やっぱりかっこいいらしい。 キムタクかっこいい目的で見ているようだ。 キムタクかっこいい、キムタクかっこいいを連発する。 キムタクに嫉妬をするような、心の狭いおれではない。 おれは寛大な心の持ち主。ダンディズム溢れる男。 でもね、鬼嫁のようにあからさまに声には出さないが 「鈴木京香、ト […]

鬼嫁にはもちろん内緒だ

そういえば、そんな日だったのか。 先週末、街に鬼嫁と買い物に行った。 ショッピングビルのフロア。 あの瞬間は鬼嫁が前を歩いて、おれは後ろに。 ふとなにげに視線を下に落とすと、階段の片隅に丸まったゴミが。 くしゃくしゃ丸まったゴミ。 だと思ったが、 あの紙の風合い、色、サイズ感…、 明らかにお札だ…… お札だ!!! でも、明らかに丸まってて、どう見てもゴミ、だよね? これは、ゴミ、だよね? どう見て […]

鬼嫁がインスタ『@gomi_sutero』の写真にうんうんうなづいている

おれもうんうんうなづいている 今、『@gomi_sutero』という主婦のインスタが話題らしい。 なんでも、夫の散らかしっぷりや中途半端な家事っぷりの証明写真にとともに イラッとした一言を添えて、的な。それがインスタ映えて主婦の共感を得ている、的な。 テレビ番組でそれを紹介していたのを鬼嫁と一緒に見てた。 例えば、 ■“夫が洗い物を手伝ったらしいが、わかめがへばりついている”写真に “さすがに気づ […]

鬼嫁が『名もなき家事』にうんうんうなづいている

おれもうんうんうなづいている 今、『名もなき家事』という本が話題らしい。 なんでも、夫が育休のときに感じた、 家事と呼ぶには及ばないちょっとしたプレ家事的なことで女は大変だ、的な。 テレビ番組でそれを紹介していたのを鬼嫁と一緒に見てた。 例えば、 ■“ゴミ出し日にゴミを捨てに行く”という家事の前に、全ての部屋を集める作業… 例えば、 ■“トイレットペーパーを補充する”という家事の前に、トイレットペ […]

鬼嫁よ、せめて熱いシャワーが浴びたい。

寒暖差が激し過ぎる、はカラダに悪い 仕事で疲れた日には、熱い風呂でリフレッシュしたい。 我が家は、ほんとに寒い時期(2月限定)にならないと浴槽に湯をはらない。 一年間の内、ほとんどがシャワーだ。 シャワーの方が節約なんだと。 秋の今の時期はまだ耐えられる。 温かいシャワーなら。 我が家(賃貸マンション)の風呂場の湯加減は、 キッチンに集約、調整されるタイプのやつ。 今日は辛うじて温かいシャワーを浴 […]

鬼嫁には少しの小遣い請求もできない

給料日まで生き残るサバイバー術「炭酸倍増の術」 給料日まであと数日。 今日は外回りで汗かいて、 会社に戻ってシュワシュワが飲みたい気分。 500mlのペットボトルは、基本、2日間くらいかけて消化する。 社内のサントリー自販機は500mlのペットが100円。 シュワシュワしたくて、サントリー天然水サイダー買って、 いざキャップを開けようとしたら、手が滑って下に落としてしまった。迂闊にも。 でも、まだ […]

鬼嫁。北欧インテリアを目指す

偉大なるリサ・ラーソン。 たまには気前のいいところを見せたいと思う男心。 鬼嫁が最近憧れているのは「北欧インテリア」。 ちなみに家は賃貸マンション、なのに。 その割に、イケアの家具は気に入らない。 日本の規格外の家具だから、らしい。 サイズ感が気に入らない、らしい。 そんな鬼嫁の北欧化インテリア計画のスタートの走り出しは ネットか何かで見つけた“リサ・ラーソン”がプロデュースしたという ミニチュア […]

鬼嫁の最近のイチオシ「光ママ」

インスタ見て笑ってるが、それってさあ。 鬼嫁の最近のマイブームは「光ママ」。 小うるさい母親と息子の設定の。 インスタフォロワー62万人越えだって。 すごいのだかすごくないのだか、 ガラケー2台持ちのおれにはわからない。 一日一本ペースで動画をアップしてる。 のを、寝る前、鬼嫁のスマホで見せられる。 今日のはおもしろいだの、イマイチだの。 きちんと片付けない息子おっくんに熊本弁で小言を…、 はっき […]

鬼嫁に応戦する、スーパープレー集「満腹でも平然顔」

鬼嫁よ。ルーティンを乱してはならない。 基本的には仕事の日の昼飯は、自分の小遣いから捻出だが、 今日は、昨晩の残ったご飯があったからと、 朝、玄関でおにぎりを二個持たされた。 のを忘れてた…。 仕事終わり、会社から帰る途中の、日付がかわる前の、車内で気付いた。 結構大きめの二個だ…。 ルーティンでないことを鬼嫁がするからだ。 今日もいつものように昼はコンビニのパンを食べた。 おにぎりに気付いたのは […]

鬼嫁に応戦する、スーパープレー集「ハイブリッド思考転換術」

偉大なるアディー・ダスラー。 アディレッタ。 大学時代から愛用している。 その時代、サッカーをしているやつらはみんな履きたがったシャワーサンダル。 サッカーできるやつの証だ。 今でもABCマートとかでも黒とか白とかのアディレッタを見かけるが、 当時のお決まりと言えば、濃いブルーに足の甲の部分にはホワイト三本ラインが定番。 このアディレッタ、普通のサンダルとは履き心地が全然違い、 足の裏のフィット感 […]

鬼嫁からの金言「あんたが参加しなければいい」

これは経費で落ちません! 例えば勤務中に営業訪問先でコインパーキングを利用する。 例えば仕事で使用する書籍を購入する。 こんな経費とかは、会社では経費の清算書や、場合によっては稟議書などが必要だ。 ちょっと、面倒だ。 わがやでも稟議制だ。鬼嫁への稟議だ。鬼嫁稟議だ。 とてつもなく、面倒だ。 例えば会社での飲み会。これが、個人的な、同僚とサシで飲みに行くケースの場合、 鬼嫁稟議は100%おりない。 […]

鬼嫁からのインポッシブル・ミッション「ヨーグルトが」

今日も午前様。 働いて帰って来るのに鬼嫁はいい顔をしない。 労基に会社を訴える勢いだ。 遅くて生活のリズムが不規則、食事も夜中過ぎ、睡眠も短い、 そのリズムに鬼嫁もつきあってくれている…、 健康に良くないことは承知はしている。でも仕事だ。男だ。 今日の帰りも午前様。 家に帰ったらいつも、まずシャワー。 部屋でスーツズボンを脱ぐ。 脱衣所でカッターシャツを脱ぐ。 インナーを脱ぐ。 あとは、トランクス […]

鬼嫁に応戦、スーパープレー集「目視力」

鬼嫁は徹底している。 食後の洗い物の点数を最小限におさえるというスーパープレー。 夜ごはん、食卓には鬼嫁と二人。 (平日、めっきり夜中1時~2時が定番になっている。鬼嫁もおれの帰りを待つ) ご飯茶碗、味噌汁などの汁もののお椀は、辛うじて各々に。 でも、 食卓に出る飲み物(お茶か水)はコップにひとつ。 二人の中間の位置に。 固形物のおかず、例えば唐揚げとか餃子とかは、二人で一皿に盛り付ける。 二人の […]

鬼嫁からのインポッシブル・ミッション「ゴミ袋は無い」

今日も帰宅は午前様。 自宅賃貸マンションドアを開けるや否や、 家にあがる前、靴を脱ぐ前、 玄関に駆け寄って来る鬼嫁。 空き缶3本、スプレー缶1本、欠けた皿1つを両手に抱えている。 「今日は不燃物のゴミの日(おれの住む町は夜ゴミ回収の地方都市)。 ゴミ袋がないから、これ捨ててきて。早くしないと回収車が来るから!」 と手渡される、ムキ出しの不燃物たち。 そして、言っている日本語はおかしい。 玄関あけて […]

鬼嫁と男のロマン

おれの趣味は読書。ありがちな趣味。 現代小説ばかり読む。 ミステリー、ファンタジー、歴史もの、SF、ではなく現代小説。 現代小説。できるだけ現実的な物語のほうが 自分の歩んでいたかもしれない、別のパラレルワールド感を味わえるから。 そして、文庫本より単行本(ハードカバー)。 文庫本ではなく、単行本。 単行本。できるだけ重み(単に重量)がある本の方が 読み終わったあと、パタンと背表紙を閉じて、読了感 […]

鬼嫁とくるぶし

サッカーで鍛えたおれの足、くるぶし出っ張ってる。 夜中目覚めたら 隣に寝ていた奥さんが 明らかに寝ているにもかかわらず、 おれの自慢の出っ張ったくるぶしに 右足・ふくらはぎのっけてぐりぐりしてた。 寝息をたてて、無意識に。 そういえば、寝る前、ふくらはぎがダラシイ、と言っていた。 おかげでおれは目覚めたようだ。 おれのくるぶし、いい仕事をしているらしい。 今日は夜から。 会社員40代♂の日々の戦い […]

鬼嫁とラッションペン

いつも気を付けているのに、やばい… 何よりも真っ先にこれを報告した時の奥さんの顔と 何を言われるかが想像つく… カッターシャツのポケットに、 仕事で使うラッションペン(magicラッションPen)を キャップを開けたまま下に向けてポケットにさしてしまった… 迂闊にも…。 4色愛用している内の、赤ラッション。 ポッケの下方の縫い目の所。 ポッケは左胸。 まるでスナイパーにやられたように赤がじんわりに […]

鬼嫁ミッション トランクに山積みのパンティ

おれの車のトランクには、使用済みのパンティーが一杯積んである。 パンティーとは言ったが、おれのパンツ。ごめん。 無印の綿トランクスがおさまりが良くてお気に入り。 ゴムが伸びたの、穴が開いたの、 奥さんが“洗車用に使え”と言って渡してくる。 でも、洗車する気持ちの余裕が基本無いから、 どんどんトランクに増えていくおれのパンティー。 段ボールに一杯だ。 もし万が一、警察にとめられて職務質問されるシチュ […]

鬼嫁よ。おれはデ・ニーロではない。

スーツは奥さんが買ってくれる。 どこで見つけるのか、ネットで3着15,000円。 ネット購入後、もちろんこっちでウエスト直しをする。 有料。もちろんここまでは払ってくれる。 ウエスト合わせたつもりだったのに、 去年はきつかった。 そんなおれに奥さんが言った言葉は 「あんたが痩せればいいだけのこと」 今年。昼食をあまり食べていないせいか、 逆にユルユルで、絞ったズボンのようでみっともない。 そんなお […]

鬼嫁トラップ くりんくりんのクリアクリーンが戻ってる。

昨日の夜の歯磨きの時の自分の所作を思い返す。 洗面台の小さなキャビネットを開くとある歯磨き粉。花王のクリアクリーン(スタンドタイプ)。 ほぼ中身が無く、お尻の方からくりんくりんして、もう一回くりんくりんして 最後のひと練りを出し切って歯ブラシにのせ、満足ではない量だったが それでもそれで歯を磨いた。磨いた感はそんなに感じられなかった。でも、 出し切った。力の限り、出し切った。 だから洗面台下のゴミ […]

鬼嫁に隠れて。最近の週末マイブーム

自宅(賃貸)マンションの駐車場は高いから借りていない。 家から50mのところにある少し安い駐車場を借りている。 仕事ではない休日は、ほぼ奥さんと買い物。 外食(リンガーハット・やよい軒多い)後、 車でまずマンション下で荷物と奥さんをおろす。 そして50m先の駐車場に駐車して、50mをてくてく家路…、の途中にセブンがある。 やればなんでもできるこの50mの距離。 セブンに寄ってストロング酎ハイ(9度 […]

自己紹介

Pickup 鬼嫁日記

会社員40代♂・妻有。月/20,000円のお小遣い制。昼飯代込み。 (お小遣いは手渡しでくれない。振込まれる) 鬼嫁に『タバコはやめた』と言ってから早10年。 鬼嫁がタバコはやめていると思ってから早10年。 しっかり、仕事の時は吸う。(1.5日で1箱) 出勤時、夜。 日報を書いたあと最後のルーティンは会社で歯磨き(ミント味)。 いまだかつてばれたことはない。休日にはもちろん吸わない。 長い連休でも […]